LAMPINTERREN.COM

LAMP IN TERREN

BLOG

2014.10.26

学祭 / 中原健仁

 

今日は学祭だった。

LAMP IN TERREN、初の学祭。それも、自分の母校(在学校)にて。

なんとも変な感じ。

バンド生活と学生生活っていうのは俺の中ではまったく別物だから、

それが交わった感じがなんとも言えない恥ずかしさみたいなものがあった。

これまでも何回かプリプロをするのにメンバーが来たことはあったけど、

ライブをすることは一度もなかった。

 

演奏する直前までそわそわしてたんだけど、軽いリハーサルが始まってしばらくすると

誇らしい気持ちになってきた。

自分が一番胸を張れるものを、馴染みの場所で大切な友人達に見せられる。

だんだんその場に立ててる経緯とかもぼんやり考えだしてて、

最後の緑閃光を演奏する前に、MCで少し話した。

続けるっていう事は、ものすごく大切なことだと思った。

どんなに挫けても諦めそうになっても、

周りの応援とか伸ばしてくれた手を掴んで、どうにか続けていけばいい。

理由がなんであるにせよ、続けていればきっと何かには繋がっていくはず。

新しい目標とかさらなる向上心とかの内面のものであるかもしれないし、

もっと大きな舞台かもしれない。

 

大学もこのメンバーとのバンドも、続けてきて本当に良かった。

こんな感じだったから、今日のステージはひたすらにエモかった。

そういえば、初めて夕暮れ時に野外で緑閃光を歌えた気がする。

image.jpeg

 

このあと、川口先生にチャリの修理をお願いした。

俺の折りたたみ自転車の後輪のチューブ交換。

超頑張ってくれたけど、俺のチャリが錆びに錆びていたがために、

川口先生のウェポンの方が壊れた上に、チューブ交換も出来なかったという結果に。敗北。

image (2).jpeg  

チャリは直らなかったけど、

換気した後みたいにスッキリした気分になれた日だった。

これからもがんばろ!うす!