LAMPINTERREN.COM

LAMP IN TERREN

BLOG

2014.11.27

Every cloud has a silver lining. / 松本大

どうも。アルバムの詳細がやっとこさ発表されました。レコーディング終わる頃にはタイトルも決まっていて、ずっと言いたくて言いたくて悶々としておりましたが先日ようやっと言えて、本当にすっきりした。 来たる2015年1月14日にメジャー1st アルバム「silver lining」をリリースします!ヤッホー! このアルバムのタイトルは「Every cloud has a silver lining」という諺から来ていまして、諺の意味は「全ての雲には銀の裏地がある」という事なんですけど。要するに全ての雲は、裏に太陽を携えているって事です。なので「silver lining」というのは「希望の光」として使われるそうです。 というのも今回のアルバムはリリースしていなかったこれまでの曲のみ収録しています。6月にリリースした「PORTAL HEART」というアルバムよりももっと昔です。1番近いのは1年半前に「ランデヴー」という曲の少し前にできたアルバムの5曲目「緑閃光」、1番古いのはバンドとして初めて書いた6年ほど前の「L-R」です。「silver lining」の1曲目です。 なぜこのタイトルのアルバムになったかというと、過去の曲達だという事がきっかけでして。前作「PORTAL HEART」は心の街、惑星、つまりはバンドとしての故郷というか、LAMP IN TERRENがLAMP IN TERRENになった証というか、そういうアルバムになりました。今作はそういう心持ちになる前の曲達で、右も左もわからんながらに、暗い雲が広がる空をただ眺めていた過去の自分が、それでも希望を持って書いた曲達だったというのがタイトルに結び付きました。エピソード0みたいな。 デモ音源として昔販売していた曲達は全て改めてレコーディングしていて、歌詞は一切変わっていませんが、書いた当時の気持ちをどう表現していいのか戸惑ってしまって、立ち尽くすという事態にも陥ったりして中々大変でした。6年前とか4年前とかあるからそりゃあそうなんだけど。笑 今だからこそ今の気持ちで演奏しようと皆で話し合った結果、再録の音源達はライブ感のあるテイクになっています。今まで一緒に歩んできた曲達がどんな風に収録されたのか、ライブで演奏していて音源化していなかった曲達も楽しみにしておいてください!余談ですが僕は今回鉄琴叩いたりシンセ弾いたり色々やりました。楽しかった。 ちなみに今回は紙ジャケットです。懐かしい感じがしました。音源を1枚1枚手作りで作っていた頃を思い出したというか。歌詞カードもすごく素敵に仕上がっていたのでそちらも楽しみにしていてください。 さて。収録曲も発表された事で、気になっている人もいるのかな。今作が以前の僕らの楽曲達ならば、新しい曲達はどうなっているのかと。 実はね。新曲が結構たくさんあります。ちらほら書いていた物もあれば、今回のレコーディングが終わってから憑き物が落ちたかのように書けている曲達もいたりして。既にバンドでアレンジが済んでいるものもあります。遠くない未来にお届けできるかな。例えば、ワンマンとか...?笑 何はともあれ、まず1月にメジャーデビューをします。「silver lining」という大切なアルバムをリリースします。初めてのミュージックビデオももうじきお目見えするかと思います。本当に素敵な映像作品になりました。言いたい事はいっつもひとつだけです。聴いてくださいという事だけです。リリースまでまだまだ時間があるのにそんな事言われても、と思われるかもしれませんが、僕達はいっつも何も変わりません。たぶん一生同じ事を言います。僕は僕らの全ての音楽が本当に大切です。聴いてほしいんです。本当によろしくお願いします。 長々と書きましたが、まだこれはただただ主観の話であって、これから雑誌の取材とかでインタビュアーさんと話して、自分でも見えなかったどんな事に気付いていけるのか楽しみです。チェックしていてくれると嬉しいです。ワクワクする! 長いのにとっ散らかった文章ごめんなさいね!そんじゃーまた!

2014.11. 4

That's too bad. / 松本大

最近、時間が足りてない気がしている。 ご飯をあんまり食べてない、用事がないと外に出ない、だからいつか決めた週3ジョギングはいつの間にか忘れられていて、買ってきた本に至っては読めないまま積み重なって、今頃埃の下敷きになっているのではないかと思うほどです。 という具合に今、全神経が「曲を書く」という事に向いている。良い事では、ある。今月に入って3曲目に突入しているし。今回もやっぱり自信作だし。 だけど昔の自分なら、「音楽にだけ時間を費やしてるのはミュージシャンぽくて良い」と思っているかもしれないこの状況。いざ、その状況の渦中に来てみればそんな大層なもんではなく。「集中してしまっているから仕方がないけど、これは普通じゃない」と思う始末。 朝から晩まで一歩も外に出ずに、水以外の何も口にせずに籠っているなんて完全に不健康だろ。挙句の果てには一昨日フレデリックのワンマンライブに顔を出そうと思って外に出て、気付いた時には完全に部屋着、ジャージであった事がもう証明している気がする。そういえば昨日のスタジオもジャージだった。むしろ無職の自堕落な生活にも思えてくる。基本的にはだらけたいけどね。うん。 まぁ、なので今日はちゃんとジーパン履いて外に出た。それでもパーカーだが。 ちょうど事務所に向かわねばならない用事もあったので。急ぎではないけど、無理矢理外に出る口実にはなった。 これから電車に乗るのだけど、もう今書いている最中の曲の事で頭が一杯。もう帰りたい。 あぁ、今これどう足掻いてもしばらくこういう感じだなと思った秋の夜。寒くなってきた。俺は圧倒的に冬が好きだ。風邪には気を付けましょうね、お互いに。 あぁ、しかし溜まった本5冊の内容気になるなぁ。「それは困りましたね」と言うもうひとりの自分が見えた気がした。