LAMPINTERREN.COM

LAMP IN TERREN

BLOG

2015.12.15

/ 松本大

こんばんは。お風呂にいます。
寒くなってきましたね。なんてこの先何度言うのだろう。

「年々寒くなってきている気がする」と誰だったかに話していた時、「それは年だよ」と言われてしまったのが衝撃だったつい先日。大人になりたいなんて言っていた松本少年よ、時はすぐにやってくるぞ。23歳になる頃には色々悟っているフリをしだすぞ。

だけど、最近は未来の計画を立てる事が少し切なかったりします。いついつまでに何をしよう、あれやってみたい、じゃあこの時期まで何がどれだけ必要か。そりゃーワクワクもするのだけども。回復する事のないマジックポイントを使っていくような感覚。あとこれだけしかないのかー、と。こう、好きな事を続けていると、なんだかそんな感じがするのです。そんな事考えたって仕方ないし、歩いている時は夢中だし、うん。なんとなく、計画を立てる時だけに訪れる、静かな気持ちです。決してネガティヴな訳ではないと思いたい。だからこそ「後悔したくねぇ」とか意気込んだりするんだし。でも今年はあんまり上手くいかない事もあったりして、2倍落ち込んだりしてたかも。

ここで気付いたけど、今日は本当にどうでもいい事しか書いていないかもしれない。

色々とここでしか書けない事を書いておこうかなぁなんて思ったけど、後で「失敗した!」と思いそうなので今10行くらい消しました。こういう文章とかって本当にもうなんなの。どうして便利になってしまったの。手軽に言葉を並べられる代わりに落胆する回数も増えていると思う。こんなに便利じゃなければ、無駄に躓かずに済んだ気がします。というのもないものねだりですか。ですね。便利でよかった事もたくさんあるもんね。おお、書けば書くほど明日起きたら「うわぁ...」となりそうな気がしてきたぞ。

年が明けたら新曲もライブでやるのかな。ワクワクするけど同じくらい不安になったりする。先人達が言っていたような感覚はこれなのかな。「なぜなぜ不安になろうものか、自信を持って損はなかろう」と気を大きくしていた頃もありましたが、大切にすればするほど不安になったりするものなのでしょうか。誰かとお付き合いなんてしたら重くなってしまうのでしょうか。大切にすればするほどちょっとした事で嫉妬したりするのかしら。面倒くせぇ......、そんな自分は想像したくないなぁ。というかそもそもこの考えが既に面倒なのではないだろうか。この記事アップするのはやめておこうか。いやせっかく書いたじゃないか。

日々こういうどうでもいい問答が繰り広げられている。そこにはいっつも答えがない。なくてもいいか。どうでもいいもんな。

んー、やっぱりこういうの苦手かもしれないな。便利なものは苦手かもしれない。そう思いたいだけなのかもしれない。そういう自分でいたいだけかもしれない。どうなんでしょう。音楽があってよかったねってよく言われるけど本当にね。その通りかもしれないね。


最近ツアーで回転扉のホテルに泊まったのだけど、あれはオシャレ以外のなんなのか未だに解明できずにいる。試しに物凄い勢いで押してみて、興味本位でぐるぐる走ってみた。普通に危なかった。1度力を入れてあげれば、摩擦が効くまで勝手に回り続けるあれは便利なのだろうか。ただのオシャレにだとしたらリスキーなオシャレだなぁ。危ないし。だからまぁ、真似しないでくださいね。もしもそのせいで怪我してライブに来られなくなりましたーなんてなったら悲しすぎるからね。僕も怪我には気を付けますので。もうしません。

よし。手もお爺ちゃんみたいになってきたし、お風呂あがるか。お風呂はいいね。お風呂があってよかったね。

今月は今年の中でも1番調子が良いかもしれない。風邪引かずにいきたいな。次更新する時は年明けかなぁ。なんか日記の題材にして欲しい事とかあったらお便り送ってくれたらやってみたりするかもしれない。この記事も駄文かもしれないし、それでもよければだけど。おやすみ。

あ、もう昨日になっちゃったけど健仁誕生日おめでとう。

おやすみ。

2015.12.12

12月に思うこと / 中原健仁

こないだTwitterで
「お茶買ったらトマトジュース出てきた」
「キレた」
みたいな話をしてたんだけど、昨日はお茶買ったら水が出てきました。
150円の水なんか初めて飲んだけど、なんら変わらぬただのいろはすでした。
前にも一度やられた自販機だったから警戒はしていたけど、したところで無駄でした。

そんなツイてない男の名はそう、
他の誰でもない僕、中原健仁です。


今年もやってきました。
街は赤と緑に彩られ、それらを包み込むべく本気を出すLED。
シャンシャンシャンシャンと、どこの店でも同じようにささやかに鳴るベル。

そう、師走。ジングルベル。クリスマス。

毎年なにをしているかと言えば、
まあ大概家にいた気がします。
「よーし今日はクリスマスだ!せっかくだから、ピザでも頼んでしまおう!フゥー!」
なんて具合の勢いで、
なにがせっかくなのかまったく意味が分からないけれど、
贅沢にパーティしていました。

今年もさしてなにがあるわけでもないから、
専属の管理栄養士・真ちゃんに、チキンでも焼いてもらおうかな。
うん、それがいい。そうしてもらおう。


そんなクリスマスムードにウキウキしたり、
もしくは、まったくもう、と少ししょんぼりとし出した頃に、
僕は誕生日を迎えます。

1992年12月14日に僕、中原健仁は生まれました。

文章ならスラッと綺麗に書けるんですが、
この「いついつ生まれました」って言う時にどうしても、
「1992年生まれ、12月14日、」と自己紹介してしまいがちです。
突然12月14日の話を切り出す形になってしまう。
12月14日になにがあったとかほとんど知らないから、気を付けてます。

余談を挟みましたが、そう、明後日で23歳になります。

今年も色々な人からプレゼントを頂けて、ひたすら幸せを感じてます。
マフラーやモコモコブランケットやお菓子やキーホルダーや...。
ファンの方々、本当にありがとうございます。色々あったかいです。

そして大からは3DSを、マネージャーからはモンハン最新作をもらいました。
ゲーム機もゲームも、小学生ぶりにもらいました。小学3年生のゲームボーイアドバンス以来です。
ハンターランクはまだ1ですが、ほぼ毎日楽しくポポノタンを狩っています。


自分が歳を重ねていくたびに、僕は昔の自分から見た今の年齢像を思います。
僕には兄貴が居て、6歳離れているから、そこから考えるとなんかちょうど良いわけです。
23歳の6年前。17歳。高校2年生。
その当時から水族館で働いていた兄に対して僕は、
単純にカッコいいなあと思っていました。
400ccの単車の後ろに乗っかって色々連れてってもらってました。
仕事しながらバイク乗り回してたらいいなー って感じだったかな。そのままだけど。
仕事はしてるけど、バイクは乗ってないな。残念ながら。

だけど、当時の自分はほとんど知らない世界を生きていってるな。
音楽は楽しくやり続けている想像だったけど、
本当にやり続けることが出来ていることが嬉しい。
もちろん、同じかそれ以上に想像出来なかった、悩みや心の靄はあるけれど。
まあそれはそうか。将来どんなことが不安かなんて考えるものじゃない。

何かと兄貴を追っかけるように育ってきたから、
カッコいいお兄さん的なものにはやっぱり憧れがあります。
「カッコいいとはなんぞや」ってなるけど、
やっぱり自分のルールに真っ直ぐであることなんじゃなかろうか。

そう思うと途端に、22歳の内に色々なものをスッキリやり切ってしまいたいと思いました。
気付いたら、机に向かってパソコンを開いて、こうして記事を書いています。

22歳最後の日は、残ったものをシャンと整理して、どんな23歳でありたいのかを考えよう。


改めて見返して、日記っぽくてホッとしてます。
いつもなんか少しだけスタッフブログっぽくなってしまうから。笑

というところで、次こそはなるだけ早めに更新できるように
日常に目を瞠って話のネタを集めようと思います。
3度目の正直を願って、また無駄に警戒しながら自販機に挑みたいとも思います。それでは。

2015.12. 2

少年S / 大屋真太郎

こんにちは。



はじめまして。



大屋 真太郎と申します。



此度、LAMP IN TERRENのギタリストとして正式加入しまして、早一ヶ月余が経ちました。





はい。





だいぶ、おそくなりました。



あれなのです、あれ、パソコンのカーソルが勝手に動く病になりまして、



アプリケーション一つ立ち上げるのも一苦労、iPhoneは速度制限真っ最中。



まあこんな言い訳はどうでもいいのですが、



最近、どうやら僕は暴食気味です。



というのも、ご飯が美味しいんです。



そうです。



ぼくのご飯、美味しいんです。



ワンマンが終わり、時間的にも少し余裕が出来、



色んなお料理に挑戦。



もうおいしい。



究極の自己満足。



たのしい。



もう何作ったっておいしい。



毎日のように料理のレベル上げに勤しんでいます。



ワンマンでアナウンスしたジャークチキンも1キロくらい大量に仕込んで気の済むまで食いまくったり



きんぴらごぼうとか切り干し大根とかほうれんそうのおひたしとかの副菜を大量生産したり



充実した食生活を送っております。







やっぱり、初めてのブログということで



パブリックイメージを良くしなきゃ!と思い、



まあ要は家庭力アピールですね。





ちょっと前まで色んな飲食店で働いて



主夫能力を大幅にレベルアップできたおかげで



健仁の健康管理も出来るわけです。





まあ今日は初めましてのブログなので、僕の生体は今後少しずつ明らかになっていきます。



乞うご期待。





僕という奴は一体全体どういう人間なのか。



果たして人間とは一体なんなのか。



そもそもぼくは人間なのか。



その答えを紐解くべく、次回以降のブログではみなさんに少しずつお話をしていきたいと思います。



パソコンが元気になったら本気出します。



それではまた。