LAMPINTERREN.COM

LAMP IN TERREN

BLOG

2016.11.30

作業風景 / 中原健仁

どうも。


怒涛のTOUR "11" L.A.Pが終わって間もないですが、
現在、絶賛スタジオ作業中です。

ほぼほぼ休む間もなく作業の連続だったので、
さすがに疲れが出てくるんじゃないか...
なんて危惧していましたが、


image4.JPG

全然ピンピンしています。安心。
いつものドラクエポーズが出ている時は絶好調です。
サッと歌った声が既に良い感じ。


image2.JPG

ジャガーが似合う男。
ジャガーというか、ギターがよく似合います。
傍らにロックのウイスキーとか置きたくなるダンディズム。


image1.JPG

珍しくペンを取って何かを書いています。
日本酒を飲ませたらアレですが、
こういう時とドラムに座ってる時は格好良いもんですね。



僕はといえば

IMG_6511.JPG



IMG_6508.JPG



IMG_6509.JPG



IMG_6510.JPG

マネージャーのポーチに落書きしてました。
個人的にこの顔すごくツボです。




そんなこんなで明日から12月。早すぎる。

おそらくこの調子で、気を抜く間もなく駆け抜けます。
(写真がないだけで僕もベース弾いてますよ。ちゃんと。)

12月のライブは6本。
こないだツアーが終わったばかりですが、
僕はすでにうずうずしてます。当たり前か。
1本1本、ちゃんと進化していきたいな。いかねばな。

ぜひともライブハウスでお会いしましょう~。


それではそれでは。


2016.11.11

8/"11" L.A.P / 中原健仁


どうも。健仁です。


早いもんでもう8/11本を終えました。

いやいや。本当に早い。
一つ一つがあまりにもあっという間に過ぎてしまうので、
たまに、夢を見てる時のような気分になります。


一緒に周ってくれたバンド達は、
本当にそれぞれの色で、"つよさ"を発揮してくれた。
だから、俺は自分のライブの時だけじゃなくて、
対バンを楽しむお客さんの表情まで見れて、最高に贅沢な思いをさせてもらってます。

本当に楽しいツアーだ。素晴らしい。最高。



...そう思っていました。昨夜までは。


いやいや。もちろんライブはすごく楽しいんです。本当に。


だけどね。


前回のツアーのファイナル(10/23長崎)、
正確にはそれに向けて移動を始めた22日0時から、
僕らはずっと出ずっぱりでして、
そろそろ3週間が経とうかという状況なんです。

こんなに家に帰らないというのは、僕らは初めてのことでして、
そうなってくると色んなことが起こるわけです。


大喜のいびきがトリッキー過ぎることが発覚したり、
大の喉を気遣って加湿をし過ぎたあまりに室内で雨が降ってきたり、
マネージャーのダメージジーンズがただのボロい布と化したり、
真ちゃんに至っては、
これから冬の秋田へ向かうというのに
上着の一枚も持ってきていないという状況です。

パンイチで魔王の城へ乗り込むようなものです。




まあまあ。
そんなこんながありながらも、
楽しくワイワイと周っていたのです。



8af6bca278489cb55f0113cbcb604a022386d732.PNG

こちらは、SHE'Sとの初日の公演(11/8金沢)を終えて、
打ち上げが終わろうかというタイミングでのツイートです。

楽しそうですね〜。
自分の機材の写真なんか乗っけちゃったりして、
お酒も入って、感慨に浸っているのがよく分かります。

いやいや、良いね。楽しかったね。うんうん。




IMG_6350.PNG

おやおや、芋焼酎じゃないですか。
良いですね〜。
打ち上げで入れて余ってしまったボトルを
頂いたようですね。

芋焼酎といえば、独特の匂いが強いお酒ですね。
飲めば甘さがあって美味しいのですが、
ダメな人は本当にダメな"匂い"が曲者。

しかし、芋焼酎大好き中原青年からすれば、よっぽど嬉しかったことでしょう。

大事に鞄にしまって持ち歩いていたんですね。




そして昨夜。

63b2a50134f4e38402dce56aa29ed7ead97d8201.JPG

ありがとうございましたー!
おつかれさまでしたー!

SHE'Sとの三公演を終えての一枚。
みんなで横並びになって、すごく良い雰囲気です。



83f885613cca7019d38aa2972a39ffbeed48dcda.PNG

ベースの臣吾とも肩を組んで、良い表情です。

いやー、本当に良いツアーだ。
明日の秋田も良いライブにしよう!楽しみだ!

明日への気合十分、パンパンの武士(機材車)に荷物を詰め込み、
待ちに待った打ち上げ会場へ。


美味しい中華料理に舌鼓を打ちつつ、
話も盛り上がり、楽しい打ち上げとなりました。

あとはもうゆっくり寝るだけ。
明日は秋田、宇都宮からは距離があるから、
朝の8時には出発せねば。
お客さんに頂いたホットアイマスクをして、
しっかり疲れを取らなくては。

無事にホテルに到着し、
そんなことを考えながらトランクを開けると


「ガタン」


嫌な予感を感じつつも、ゆっくり隙間を覗くと、
開きかけのドアに大喜のスーツケースが倒れ込んできていました。

スーツケースを片手で抑えて、ゆっくりドアを開けて、
無事に大喜のスーツケースを下ろしました。
「大喜の荷物を落としてしまうところだった。危ない危ない。」

ホッと一息ついたその瞬間。


「ガシャン!!」


...あれ?
無事にちゃんと下ろしたはずが、
僕の背後になにが落ちてきました。
どうやら、大喜のスーツケースを下ろしている間に、
また別の荷物が少しずつ落ちてきていたようです。

すぐに振り返ってみると僕の鞄が。

「なーんだ、俺のか。だれかのじゃなくてよかったよかっ」

......

...ガシャン?

ガシャンって一体...


c248af4a2015daf32c79815ffff4b6972992075f.PNG

あっ......





0ef68ca6e9ad855def0f483f39b869f0420f7c5a.JPG






db5914fa87743be7133daf519acd93ac434bb1fb.JPG






eee29d67f6cd45bcf31748e53bb236f0b85b661e.jpg


割れました。
完全に俺の鞄の中で破裂してました。

幸いにも、洗濯出来るものがほとんどでしたが、
この鞄というのが、念願叶ってようやく買えたものだったんです...。
無念...。

部屋に入ってすぐ真ちゃんに洗濯用洗剤(なぜか家庭用サイズ)を借りて、
ジャブジャブやって少し乾かしました。

におい落ちるだろうか...。くそう...。



メンバー各々、このツアーで体感したことが色々あると思います。

自分じゃ気付けなかったこと。
やり過ぎは良くないということ。
着なさすぎもまずいということ。

そして、どんなに嬉しくっても、
瓶は鞄に入れて持ち歩くなということ。


さすが約1ヶ月出っぱなしツアー。
こうして僕らはまた一つ、強くなることが出来ました。

色々なことがありましたが、
ついに、明日で本ツアーのツーマンは最後です。
今日と明日。cinema staffと激闘です。

きっと、今日の秋田は一味違いますよ。
どんな感情も、叫べば力となることでしょう。

負ける気がしません。


最後まで全力で走り切ります!どうぞよろしく!こんちくしょー!


--------------------------------------------------------------------------------

TOUR "11" L.A.P ファイナル
11/19 東京・赤坂BLITZ(ワンマン) のチケットはこちら

2016.11. 9

07/11/2016 22:43 / 松本大

こんばんは。僕らは『TOUR"11"L.A.P』の真っ只中、今日は金沢のホテルで、今は健仁と温泉入った後です。良いツアーを回る事ができております。少し、長いかもしれません。一方的なメッセージなので心苦しいですが、読んでくれたら嬉しい。

そのツアーの果て、ファイナルはワンマンとなっていて、ほぼあと10日後。11月19日、バンドとしては最大規模の赤坂BLITZでライブをします。このライブは自分達にとって物凄く特別な日です。実は、僕らは14歳の時にバンドを結成して、今年で10年になりました。ですが、その10年間のほとんどは曲を作るのが楽しかったり、音を合わせるのが楽しかったり。ライブとは程遠い、4人だけの時間がとても多かったのです。

それから上京して、ライブをするようになって、初めてお店にCDが並んだのは2年ちょっと前かな。僕らの言う10年にはピンと来なかった人が多かったと思います。僕ら自身、少しふわふわしてます。もうそんなに経つのか、あの頃はあんな事もあったね、ランプインテレン10歳おめでとう!みたいな。だけど、これから先の5年や10年、もっと先までは皆さんと共有する時間が多くあって欲しいと、このツアーではそんな話をしてきました。

音楽は鳴らしているだけじゃ音楽にならなくて、聴く人、つまり皆さんがいて初めて「音楽」になって、かけがえのないもので、僕らは皆さんにとって誇りになり得るような、癒しであれるような、共に歩いていけるような、この世界と、日々と武器になるような音楽を届けたい、共有していきたい。ファイナルの赤坂BLITZは僕らの覚悟の日になると、そんな気がしています。

だから、それを皆に聴きに来て欲しい。

これから更にツアーに回って各地で最高のライブをして、その集大成を赤坂に持っていきます。それを皆で鳴らしたい。皆の力を貸してください。よろしくね。

長々とごめんね!いつもありがとう!Vo&Gt.松本

2016.11. 7

5/"11" L.A.P / 中原健仁

11/1から始まったTOUR "11" L.A.P。
あっという間に5本を終えました。
残り6本。

11/4 京都・磔磔、11/5 神戸・太陽と虎、
この2日間をヒトリエ。
11/6 香川・高松DIMEは
Ivy to Fraudulent Gameと対バンでした。


ヒトリエもIvyも、俺たちにはない強みを持ってて、素直にカッケェなぁ。すげえなぁ。
なんて思いながら見てました。
ちょっと悔しいと思う瞬間もあったくらい。

だけどその反面、俺たちにしかない強みを改めて感じました。


というより、俺がこのバンドでベースを弾くことに対して、
ある種の重量みたいなものを感じました。
決して悪い意味じゃないです。

責任っていうのも確かにあるんだけど、
それ以上に、俺が弾かなくちゃダメなんだって、より思ったんです。
同じく、俺にとって他のメンバーもそうなんです。


お客さんと歌がうたいたい、
気持ちの渡し合いがしたい、
同じ空間でそれぞれの思いで、その日を作りたい。
そんな願いを4人で合わせて叫ぶためには、
このボーカルとギターとベースとドラムじゃないと意味がないんだと思います。

気持ちの共有が出来る仲の良い友達であるから。
という理由だけではなくて、
表現の仕方が4人とも「叫び」だからなのかもしれないと思いました。


クールにキメ込んで、鋭利な刃物で突き刺すような衝撃を与える。
そんなライブもカッコいいと思います。

だけど俺は、顔なんかグッチャグチャになるくらいに、歌と気持ちを叫んで届けたい。
身体全身で伝えたい気持ちを表したい。
楽しいも悔しいも悲しいも全部、目の前にいるお客さんと分かち合いたい。

俺は、それでこそライブなんだ、と思います。
他の誰でもない、目の前のあなたとの伝え合いが、ライブだと思います。
あなたにとっての支えで在りたい。

そんなライブを、これからも4人と1人1人で出来たらいいな。いや、やり続けます。






思うほどに止まらなくなって、
大分散らかった文章になってしまったような...。
だけど、それくらい自分自身にも突き刺さるツアーです。
対バンとみんなと作る1日1日が、僕らに教えてくれているものはすごく大きい。

本当にありがとう。



明日は6本目、石川・金沢vanvan V4にて、SHE'Sと対バンです。

あいつら明日も良いライブするだろうな〜。
対バンするの久しぶりだし、
本番も楽屋も打ち上げも全部楽しみだ。

全力でやり切ります。どうぞよろしく!

--------------------------------------------------------------------------------

TOUR "11" L.A.P ファイナル
11/19 東京・赤坂BLITZ(ワンマン) のチケットはこちら

2016.11. 4

2/"11" L.A.P / 中原健仁

お久しぶりでございます。
交換日記では登場してましたが、
個人的なもので言えば2ヶ月ぶりでしょうか。

いやはや。


あの時は夢の中で熊本にライブをしに行っていましたが、11月1日、実際に熊本でライブしてきました。
TOUR "11" L.A.P の1本目。

基本的に僕らは、友達を作ることがとても苦手なバンドです。
人見知りなんでしょう、恐らく。
自分から距離を詰めることを、自分で難しくしてしまっているようなところがある気がします。

そんな僕らが、対バンツアー。
「一体どうなるんだ?!」って感じでした。
実際に家で声が出たくらいです。


1日目の対バン相手は SAKANAMON 。
僕個人で言えば、好きで曲を聴いてはいたものの、ずいぶん前に一度挨拶をさせてもらって以来、メンバーとは話をしていないという状況でした。

「打ち上げがヤバいらしい」ってこと以外、
どんな方達なのかまったく分からずに一人緊張。
ああどうしたもんか、うーむ、とりあえず酒は飲める、けどそれまでうまくやれるだろうか、うーむ...
心の内ではそんな悶々と気持ちでした。


そんな中、SAKANAMONが会場入り。
まずは挨拶だ!と思って楽屋に入った瞬間、

元生さん(Vo.)「JENGA買ってきたよ!」
森野さん(Ba.)「よろしく!」
キムさん(Dr.)「ウィーン(ラジコン操作音)」

森野さんと仲良くなりたいと思いました。


その日の打ち上げでは、
森野さんとは大好きなGRAPEVINEの話、元生さんとは大きく言えばトイレの話。そしてキムさんにはキスを迫られました。が、
SAKANAMONは本当に面白い方達でした。
そして普通にやさしいお兄さん方でした。笑

翌日の福岡公演ではもっと仲良くなれた気がしてます。本当にたくさん笑った。笑

自分のバンドの強み がちゃんとあって、
同じものは一つとしてないそれを、
存分にぶつけ合えるツアーだと思いました。
その中でたくさん気づくことがある気がしています。
まだ2日間ですが、SAKANAMONに、SAKANAMONとその日のお客さんと作った"今日"に、実際に気付かされています。

初めは不安がありましたが、
対バンツアー、本当に心から楽しいと思っています。
色んなとこのお客さんに会えるのがまず、すごく嬉しい。


これから一緒にその日をつくってくれるバンドと、
こんな風に刺激し合えたら最高だな。

TOUR "11" L.A.Pは、まさしく原点回帰で有り、新しい一歩でも有ります。どんどんその歩幅を広げていきたいな。やってやるぜ。

明日は、京都・磔磔でヒトリエと対バン!
これまたどうなるか分からないね!笑
明日もまた、本当に心底楽しみ。
どうぞよろしく!




-----P.S-----
クリアに突き抜ける声とメロディー、演奏が心地良くて最高。
それから、1サビの歌詞が大好き。
SAKANAMON - クダラナインサイド