LAMPINTERREN.COM

LAMP IN TERREN

BLOG

2017.09.24

第五回「大家さんがこわい」 / 中原健仁

今の家に引っ越してきて、もう少しで1年が経ちます。

住み始めたばかりの頃は

電気が付かなかったり、お湯が出なかったり、なにかと大変でしたが

目の前の公園は愉快だし、夜は静かだし、

今は基本的には暮らしやすくて気に入っています。

しかし、なかなか馴染めない部分もあります。




その1

大家さんがなかなか名前を覚えてくれない。

ご高齢だし仕方がないかなぁとは思うのですが、

でもやっぱり名前を呼んでくれるのであれば、ちゃんと覚えてもらいたい。

僕の名前を知っていただく機会は何度もありました。

中原「内見をお願いしていた中原です。」

中原「入居させていただく中原です。」

契約書「入居者 : 中原健仁

大家さん「これからどうぞよろしくね。中西さん。」

中西「 Wow 」

二年前、街で「西原さん!」と呼ばれたこともありましたが、

僕の名前はなぜ西へ行きたがるのでしょうか。

東西南北のどちらでもありません。センターです。

とかいうとセンター原になってしまうのでしょうか。もうそれ原さんじゃん。

しかしまあ、めげずに主張していこうと思います。





その2

洗濯物がまあ良く落ちる。

これは100%僕が悪いです。

遠征で洗濯物が溜まろうものなら、

洗濯機「ぱねぇ」

ってくらい詰め込んでしまいます。物干し竿をフル活用しないといけません。

しかしそうすると、2階に住んでるもんですから、手が滑ると下に落ちちゃうんですね。

こないだパンツを落とした時が酷かった。

ただ落とすだけならまだ良かったんです。



中原「あっ」

手が滑り不運にもパンツを落とす中原。その瞬間。

ガラガラッ

大家「あらっ、パンツ!」

大家「中西さん、このパンツあなたのよね?!」

2階建ての2階に聞こえるよう、大きな声で呼びかける大家。

放射状に広がる" パンツ "という言葉。

出来ればそのまま天高く消えてほしかった" パンツ "。

しかし願いとは裏腹に、そして無邪気に中原を突き刺した。

中原「いや、えっとその...」

大家「あれ?このパンツ、あなたのじゃないの?」

誰にも引き取られない場合を恐れたのであろう。

" パンツ "の第二波は、より強力であった。

完璧に打ちのめされた中原。こうなれば第三波を阻止することが最優先である。

中原「僕のパンツです...。あと中原です。」

肩を落としながらもダッシュで一階へ。

大家「良かったわ~あなたのパンツが干からびなくて(笑)」



恥ずかしさのあまり小説みたいな書き方になってしまいました。

穏やかでやさしい人だと思っていた大家さんですが、

あんなにパンツを連呼する人だったとは。

「干からびる」って言葉のチョイスも笑いのツボも、なかなかです。

今朝会ったときも、

大家さん「昨晩どこかの部屋が騒がしかったから、言いに行こうと思ったのよ。」

中原「あら、そうだったんですね~。」

大家さん「あなたの部屋かと思って覗いちゃったんだけど、ごめんなさいね~。」

中原「あ、いえいえ...( えっ?)」

大家さん「結局どこの部屋も静かだったのよ。勘違いだったのかしらね~」


なんてことがありました。ちなみに昨夜、僕は家にいません。

部屋を覗く大家さんも謎の騒音も、

あとついでに「こらしめちゃおう」も、全部怖すぎます。



他にも挙げれば色々ありますが、

書きすぎてる気がするので、今日はこの辺で!