LAMPINTERREN.COM

LAMP IN TERREN

BLOG

2017.04.12

「fantasia」セルフライナーノーツ中原編 / 中原健仁

せっかく4人がそれぞれ書くんなら、
僕らしい視点で書いてみようかなーと思いまして、
気持ち的にサブタイトルは

ベーシストとしての『fantasia』

でいきたいと思います。

長文になりますが、『fantasia』を鳴らしながら、
まったりお付き合いくださいな。

------------------------------------------------------



1.キャラバン

「とにかく楽しく、無邪気に」を心掛けた曲。
デモをもらった段階から、子供がはしゃぎ回ってる様子が浮かんで、
その雰囲気でフレーズを作りました。
イントロ、間奏、アウトロが特にはしゃいでます。
アルバムではギターのコード一発から始まりますが、
あの音が「fantasia」っていう国に入国した合図みたいで、すごく好き。


2.地球儀

僕らの新しい一面が分かりやすく出た曲かなと思います。
各楽器の絡み合いが面白い曲。
しかしながら、まあ難しかった!!とにかく難しかった!!
LAMP IN TERRENの楽曲を作るうえで
「作曲者に求められることが出来ない」ってことが僕は一番嫌なので、
それなりに練習しました。そして自分でさらに難しくしました。俺の馬鹿!!
けど、大サビ前の加速するようなフレーズとか、すごく気に入っています。
あと真ちゃんのソロがヤバいよね。震えるくらいエロいよね。


3.涙星群の夜

基本的にはずっと走ってるんだけど、
たまに空を見上げたりもしてるなぁってイメージだったので、
疾走感を出しつつも緩急をつけてみました。
それからこの曲はドラムがすごく好きです。
サビでライドを叩くとこがあるんだけど、
僕の中ではその音が「星」なんですよね。煌めいてる。
ライブでも結構やってるけど、
皆が楽しそうに手を伸ばしてくれてすごく嬉しくなります。


4.heartbeat

この曲のベースは「心臓」です。
色んな感情の変化に伴って変わる"鼓動"を表現しました。
速く力強く脈打つときもあれば、静かにふるえるときもある。
主人公の気持ちが強く描かれている2サビの部分、
激しくドクンてなるのを出したくて色んなフレーズを考えたんだけど、
結果的にすごくしっくり来るものになりました。思い入れのある一曲。


5.innocence

ずっと、ザワザワしてます。気持ちがざわついてます。
"憎しみ"とか"歯痒さ"とか、とにかく負のエネルギーが根底にあります。
だけど、誰かにぶつけるようなものではなくて、
光に向かっていくために必要なエネルギーという感じです。
何度も挫折を繰り返して、それでも見える光を追いかける。
このアルバムの中で一番鋭く尖っています。
ライブではいつも「歯食いしばって立ち上がったれ!」って感じで、
弱っちい自分に向けて叫んでます。


6.at (liberty)

完全に僕の趣味にマッチした曲です。笑
"雰囲気を作ってるのが実はベース"って曲がすごく好きなですけど、
この曲でそれが出来たと思っています。
じわじわと地を這いながら向かってくるベースラインが我ながら超好きです。
特に、アウトロのハイポジションに上って降りていくフレーズ。
あとこの曲、低音が異常にでかいです。
エンジニアさんと相談しながら音作りしたけど、
ここまでグアッとベースが出たものがこのバンドで出来るとは。新たな一面。


7.pellucid

初めて明確な"ラブソング"を弾きました。
歌詞を読んだときにこの主人公があまりに心配になって、
寄り添ってやりたいと思いました。笑
「きっと僕が素直であることを君は知る由もないままだろう」
たくさん好きな部分はあるんだけど、この歌詞にすごく共感しました。
もしもこの"僕"が俺だったら、これを悟った瞬間、とんでもなく辛いだろうな。
どうりでベースラインも震えるわけです。
個人的には歌詞と一体化できたかもと思えて、ライブが楽しい曲。


8.オフコース

打って変わって、陽気な雰囲気が漂う曲。
最初の方は大の弾き語りメインな音源になる感じだったけど、
バンド編成でのアレンジにシフト。
GibsonのEB-2っていう、セミアコースティックベースで録音しました。
ボディにぽっかり穴が空いていて、丸くてあたたかい音が出るのが特徴なんだけど、
これまた弾くのが大変で...。
普通の弾き方じゃなくて、弦をバチッと鳴らすようにして弾きます。
他にも、フレーズを弾くときに少し指を滑らせたり。
けど、すごく楽しいレコーディングでした。
ちなみにこの曲、ごはん作りながら聴くのが僕はすごく好きです。笑


9.不死身と七不思議

LAMP IN TERREN史上、最もポップでキャッチーな曲だと思います。
だけどベースの音色的はちょっとイナたさがあって、
その合わさりが面白くてお気に入り。
もうこの曲、ライブでやると一瞬で楽しくなっちゃうから、
すごいパワーを持った曲だなぁと思う。
ベース的推しフレーズは2Bの転がるようなとこです。必聴!


10.eve

もう2サビ後のセクションは、毎回胸をアツくさせられる。
「震えていたっていつか暗闇が僕を迎えにくるかも」
「その時が来てもきっと俯かないで君のもとに会いに行くよ」
こんなの心の中で叫ばずにはいられない。
だんだん胸の内の思いがボロボロ零れていくような曲で、
それに呼応するかのようなアレンジになりました。
最初はやさしい浮遊感が出てるんだけど、
時間が進むにつれてだんだんロックになるっていう。
ベースも実は1サビまでは指弾き、それ以降はピック弾きにして、
やわらかさとゴリゴリさを出しています。
歌と一緒にメロディーを弾いたり、ベースで和音を鳴らしたり、
表情豊かな曲になりました。苦しかったけど、楽しかったな。

------------------------------------------------------



いやはや、これは書き出したらどこまでも書いてしまうやつだ。
今回本当にどの楽器も良い仕事してて、止まらなくなった。
聴きどころがたくさんあるということですね。

聴くたびに新しい発見があるようなアルバムになったなと思います。
改めて聴いてると、ほんとに内容が濃い。キャラが強い!笑

僕なりの視点で書いてはみましたが、
本当に自由に楽しんでもらえたら何よりです。
それぞれの景色の中で「fantasia」を鳴らして、
自分だけの「fantasia」を持ってくれたら、
こんな嬉しいことはないなぁと思います。


長文になりました。読んでくれてありがとう!

2017.03. 1

ツアーあるある / 中原健仁


こんにちは。こんばんは。おはよう。
今の僕的にはこんにちはです。


これは見る皆さんはきっと、毎日多忙なことでしょう。
朝は学校に、夕方はアルバイト。そして夜は勉強や趣味の時間。
朝方までお仕事の方もいらっしゃるかもしれません。

こうして忙しなく活動する合間の、ほんのちょっとした時間に、
きっとこの記事を読んでいることかと思います。

忙しなく動き続けているとやはり、
「今日が休みの人が羨ましい」
「早く帰って録画したドラマ観たい」
「鳥になりたい」
なんて思うことでしょう。僕もそうです。
毎日バタバタで休みが欲しくなりますよね。


ですがね。
その逆の状況もまた考えものです。
何が言いたいかといえばつまり...



暇なんです。



もう、今、超、暇。

突然両手広げて奇声上げたいくらい暇。
なんかよく分かんないけど今すごく
「ジャポニカ!!!!!」って叫びたい。
暇すぎて。


現在われわれ
L A M P I N T E R R E N は、
(暇すぎて文字間空けてかっこよくした)
列伝ツアーの真っ只中、
4本目・札幌へ向かっております。


現在、昼間の14時ですが、
札幌の会場に着くのは明日の13時。
丸々1日かかるわけです。
道中に電波の無いフェリーを経由することもあって、
その間僕らにできることといえば
せいぜいパントマイムくらいでしょうか。

いや、パントマイムが出来るならきっと、
新しい一発ギャグなんかも生まれちゃうかもしれません。


パントマイム、
新しい一発ギャグ、
早口言葉、
一人しりとり、
トランプタワー、
1段目は辛うじて建つトランプタワー、
しかしすぐに崩れるトランプタワー、
どれだけ無謀か分かり始めるメンバー、
失笑して部屋に戻るメンバー、
カーテンを閉めて仰向けになるメンばあぁぁぁ暇!!!!!!

超暇じゃん!!!
どう考えても、やっぱり、暇!!!!

トランプタワーは無理だって!
パントマイムもやめようよ!もう!やめて!!やめてよ男子!!やめて!!!


はぁ......。

IMG_7068.JPG


ちなみに僕は今、マネージャーが運転する横でこの記事を書いていますが、
先ほどまでは暇すぎて
「もし2億円当たっちゃったらどうしよう...」
なんて本気で考えてなぜか焦ってました。
宝くじ買っても無いのにソワソワしてました。
馬鹿なんだと思います。




こんな感じでバンドマンてのはみんな、
だいたい30分のステージをお客さんと共有するために、作り上げるために、
何時間もかけて、暇と対峙することもありつつ、旅をするわけです。

その一瞬とも言える時間だけど、その中でどれだけ一緒に楽しめるか。
どれだけ一緒にエネルギーを分かち合えるか。
僕らはその一瞬にすべてをかけています。

本当に、めいっぱい一緒に楽しもうね。



いやはや...
もうまもなくすると、船の発着場に到着します。
車内の闘いはまだまだ序の口なんです。
これからが、本当の闘いなんです。

新しい一発ギャグを習得することは出来るのか...。
揺れ動く船内でトランプタワーは建つのか...。
そもそもそんな事をやる気力があるのか...。

上等じゃないか。武者震いがします。
武者震いですら良い暇つぶしです。


列伝ツアー札幌公演でお会いしましょう。
それではまた。

2017.02.19

「今日の晩御飯」 / 中原健仁


「今日の晩御飯、どうするの?」


ミーティングやスタジオなどを終えて、
真ちゃんと一緒に帰っているときに、
90%くらいの確率で僕が訊く言葉です。

少し前までは「〇〇を作ろうかな」とか「○○があるからそれ食べる」など、
具体的なメニューが述べられていたのですが、
最近は「うーんどうしようかな...」。
やけにこの回答率が高くなってきています。
これは困る。非常に困る。

真ちゃんが作るごはんというのはすごく魅力的で、
それは、真ちゃんが「試しに作ってみた」程度のものであっても、
僕には一級レストランのそれと遜色ないくらい美味しいのです。
そんなとこ一度も行ったことないけど。


つまり、僕が真ちゃんに対して「今日の晩御飯~」と聞くときは
「一緒にご飯食べようよ」ということであり、もっと言えば、
「飯作るの面倒だから俺の分の飯も作ってよ」ということなんです。
ところがどっこい、晩御飯のメニューを提示されないとなると、

「お、いいね、それは美味しそう。今から食べに行ってもいいかい。」

この一言が切り出せないわけです。
大問題だよ真ちゃん。お腹空いたよ真ちゃん。髪伸びたね真ちゃん。


しかしこれじゃいかんと、さすがのクズも思いました。
もう気付けば24だし。
ついこないだ、生まれて初めて業務用スーパーで買い物をしました。


業務用スーパー、全てが凄すぎ。


とにかく安いし、人参5本も入ってるし、プリンが紙パックに入ってるし。
あと大喜が毎日飲みまくってる缶コーヒー、半額以下だったよ。
もうあそこで買いだめしとけよ。今度プレゼントしてやるよ。一本。

そんな業務用スーパーで大量に買い込みました。
これだけ買い込めば「もったいない精神」が功を奏すだろうと。
その結果、あのクレープツイキャス以来、大屋飯に頼らずに生活出来ています。


しかしこの馬鹿はまったく気付いていなかった。
買い込んだ食材を、大事に少しずつ調理していてようやく気付いた。

「だいぶ作ったけど、これならあと10日は持つな。はっはっハッ..」

愚かです。
あと10日後って、列伝ツアー始まってんじゃん。
おいおい冗談じゃないよ、このジャガイモや人参達はどうなるんだよ。
帰ってくる頃にはモンスターになってんじゃん、自我が芽生えた何かになっちゃうじゃん...


そんなこんなで一昨日のツイートでした。



とりあえず、人参しりしりとかポテトサラダとか色々作りました。
たくさん教えてくれてありがとう。
まだ材料たくさんあるから、出社前の親友に持たせます。生で。



それにしても本当にスピード感がすごい。
レコーディング終わったら一息つけそうだなとか思ってたけど、
一泊二日でスノボー行けたくらいで、練習したりミーティングしたり、
これからのことにバタバタしています。


まずは来週、23日から列伝ツアー。
その後、4月12日に3rd Album「fantasia」のリリース。
そしてそして、5月7日からはワンマンツアー「in "fantasia"」がスタート。

この記事、まさしくその「fantasia」を聴きながら書いてるんだけど、
あっという間に一周してて我ながらびっくりする。
そのくせ、一曲一曲のキャラクターがめっちゃ濃い。
既にリリースしている曲もそうだけど、
特設ページでフル試聴中の「涙星群の夜」、どの楽器も聴きどころ有りです。
聴いてほしいとこたくさんある中で強いて推すなら、
2サビ前のベース聴いてほしい。ウミヘビみたいにウネウネしてるから。


そんな曲たちをとにかく早く、みんなに聴いてほしいし、
聴いてくれたみんなと"fantasia"を創るのが本当に楽しみ。叫びたいくらい楽しみ。

ワンマンツアー「in "fantasia"」の二次先行は、2/22 23:59までです!
コチラから申し込めます!終わってしまう前に、どうぞよろしくー!

それから、さっき話したミーティングを積み重ねて、
みんなと一緒に楽しめる企画を考えております!
続々と情報解禁されていくから、HPやTwitterを要チェックです。要チェックです!要!



いやはや。
ひと月ぶりに記事を書いたし、書きながらワクワクしちゃったもんだから、
なんかお腹空いてきたな。でも大丈夫。
冷蔵庫を開ければポテトサラダや人参しりしり、
コンロの上にはジャガイモと人参のお味噌汁。
これだけあれば怖いものなんかない。腐る以外に、怖いものなんかない。

列伝ツアーから帰ってきてもこの生活を忘れないようにしよう。
たくさんお世話になったから、真ちゃんに恩返ししよう。

「今日の晩御飯、うちで食おうよ」なんていつかは言いたい。
これは美味いぞ!って飯が作れたら誘ってみよう。


2017.01. 6

謹賀新年 / 中原健仁


あけましておめでとうございます。


ひと月ぶりに編集ページを開いて見たら、
「年末に一つくらい投稿しておこう。」
なんて思いながら書いていたものが見つかりました。

たまにツイッターに登場する親友について書いたものでした。
だけど、
「ここまで掘り下げるのもなんか違う気がするし、
なによりやつらが調子に乗るのはやだなぁ」
って理由でお蔵入りにした気がします。

そのままバタバタと年末ライブに突入しておりました。


どうもどうも。
去年は一年ありがとうございました。
改めて、
今年もどうぞよろしくおねがいします。



「年が明けたからと言ってなにが変わるわけでもないし...」
ってな感じで、なにもせずに大人しくしていようと思っていたのですが、
大学時代の友人に誘われて、友人宅に向かったのでした。

が、しかし、なかなか遠いところに呼ばれたために、
駅に着いた瞬間、
「イエェェェェェェエイ!!!」
「よっしゃぁぁあ!」「フゥーーー!!」
「「「あけおめーーー!!」」」
なんて大学生たちの盛り上がりと共にA HAPPY NEW YEAR。


僕の2017年はそこでスタートしてしまいました。
いっそ俺も混ぜてほしかった。左から2番目くらいでいいから。

あんまりに寂しかったので、
友人宅に着いた瞬間、友人たちに「年越し5秒前」からやり直してもらいました。


その後はまあ、年越しの定番、「桃太郎電鉄」をやりながらそれなりに盛り上がりました。
結果、僕は数百万の借金とともに3位でした。
今度はメンバーでもやってみたいね。


そんなこんなで寂しさがありながらも楽しい年越しでした。



さて。

せっかく新年の記事をあげるんだし、
抱負の一つくらいは言っておかねばと思って、
だけどそのまま言うのもカッコつかなそうでいやだったので、
それらしい四字熟語を調べました。


「愚行移山(ぐこういさん)」


今年の四字熟語(抱負)はこれにします。


どんなに愚かだと馬鹿にされながらも、せっせと砂を運んで山を動かした(移動させた)。
てな話から由来した、

「小さなことでも頑張り続ければ、いつか成功する」

という四字熟語らしいです。
チリも積もればなんとやらってやつですね。
砂を運んで山を動かすっていう、地道だけどやることが豪胆なとこが気に入りました。


ちなみに、近しい意味を持つ「心堅石穿(しんけんせきせん)」もアリだったのですが、
「強固な意志は、頑丈な石にさえ穴を開ける」
っていう由来が、駄洒落っぽいしファンキー過ぎたので落選にしました。


今年の抱負に迷っている方や、
なんか気合い湧かないなって方、
四字熟語を調べるのおすすめです。
色んな言い回しがたくさんあって、面白い。



そんなわけで今年は、
小さな事をたくさん積み上げて、大事を成す年にしたいと思います。

あ、あと桃鉄をもう1回くらいやる年にしたいと思います。

2016.11.30

作業風景 / 中原健仁

どうも。


怒涛のTOUR "11" L.A.Pが終わって間もないですが、
現在、絶賛スタジオ作業中です。

ほぼほぼ休む間もなく作業の連続だったので、
さすがに疲れが出てくるんじゃないか...
なんて危惧していましたが、


image4.JPG

全然ピンピンしています。安心。
いつものドラクエポーズが出ている時は絶好調です。
サッと歌った声が既に良い感じ。


image2.JPG

ジャガーが似合う男。
ジャガーというか、ギターがよく似合います。
傍らにロックのウイスキーとか置きたくなるダンディズム。


image1.JPG

珍しくペンを取って何かを書いています。
日本酒を飲ませたらアレですが、
こういう時とドラムに座ってる時は格好良いもんですね。



僕はといえば

IMG_6511.JPG



IMG_6508.JPG



IMG_6509.JPG



IMG_6510.JPG

マネージャーのポーチに落書きしてました。
個人的にこの顔すごくツボです。




そんなこんなで明日から12月。早すぎる。

おそらくこの調子で、気を抜く間もなく駆け抜けます。
(写真がないだけで僕もベース弾いてますよ。ちゃんと。)

12月のライブは6本。
こないだツアーが終わったばかりですが、
僕はすでにうずうずしてます。当たり前か。
1本1本、ちゃんと進化していきたいな。いかねばな。

ぜひともライブハウスでお会いしましょう~。


それではそれでは。